参加型評価 - 源由理子

参加型評価 源由理子

Add: akibu25 - Date: 2020-12-14 19:28:48 - Views: 2434 - Clicks: 7675

Freeman (原著), Mark W. 大島 巌, 源 由理子, 山野 則子, 贄川 信幸, 新藤 健太, 平岡 公一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 また実践家参画型エンパワメント評価の理論と方法もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 源 由理子 (ミナモト ユリコ) 明治大学社会連携機構長・明治大学ガバナンス研究科教授 専門は評価論、社会開発論。jica、fasid等を経て現職。jica、世界銀行等で政策・事業の評価手法・制度構築に関する研究・実践を積む。. フリーマン (著), マーク・W. 大会参加申込書(非会員専用) (※ 会員の方はお申し込み不要です。詳しくは 参加要領 をご確認ください。) 【問い合わせ先】 日本評価学会第 21 回全国大会実行委員会事務局 jes. 所属 (現在):明治大学,ガバナンス研究科,専任教授, 研究分野:政治学,社会福祉学,中区分3:歴史学、考古学、博物館学およびその関連分野,小区分08020:社会福祉学関連, キーワード:行政学,都市政策,都市地域社会,地域力,安心安全,防災,危機管理,大規模災害,プログラム評価,科学的根拠にもとづく.

共著に「自分達で事業を改善できるようになった!」源由理子編著()『参加型評価〜改善と改革のための評価の実践. 」源由理子編著()『参加型評価〜改善と改革のための評価の実践』晃洋. 源 由理子詳細をご覧いただけます。 〒615-0026. 参加費: 5,000円(税込) 定員: 10人 (先着順) 申し込み終了: 年10月20日 23時59分まで: 主催: 一般社団法人参加型評価センター; タグ: 参加型評価、参加型開発、参加型学習、改善、評価. 源由理子 | プロフィール | HMV&BOOKS online | 1957年生まれ。東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻博士後期.

主要業績(著書、論文等): 『参加型評価~改善と変革のための評価の実践』 (編著)晃洋書房 () 「地域ガバナンスにおける協働型プログラム評価の試み」、『評価クォ ータリー』( ). Lipsey (原著), 大島 巌 (翻訳), 森 俊夫. エンパワメント評価、参加型評価、変革、npo、 参加型開発. 参加型評価の理論と実践 / 源由理子 執筆 政策評価 / 小野達也 執筆 自治体評価 / 古川俊一 執筆 ngoのアカウンタビリティと評価 : 戦略的アカウンタビリティ論から / 田中弥生 執筆 学校評価 / 長尾眞文 執筆 大学評価 / 齊藤貴浩 執筆.

Amazonで源 由理子, 源 由理子の参加型評価-改善と変革のための評価の実践-。アマゾンならポイント還元本が多数。源 由理子, 源 由理子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 参加型評価の役割とは? 湊 直信 国際大学客員教授 源由理子編著、年、「参加型評価:改善と変革のための評価の実践」、晃洋書房 著者は長年、国内外の評価の研究と実践に関わっており、本書において「狙いは参加型. 参加型評価(Participatory Evaluation )とは、「評価活動に評価専門家以外の人が『参加』し、評価 のプロセスを共有することにより付加価値を高める評価」(源 a, p. 」源由理子編著()『参加型評価〜改善と改革のための評価の実践』晃洋書房、がある。 ⚫︎参加費:一般10,000円 NGO/NPO関係者:8,000円.

著書に、『実践家参加型エンパワメント評価の理論と方法 cd-tep法:協働によるebp効果の構築』(共編著、日本評論社、)、『参加型評価』(編著、晃洋書房、)、『評価論を学ぶ人のために』(共著、日本思想社、)、『開発援助の評価とその課題』(共著、fasid、)、等。. 実践家参画型エンパワメント評価の理論と方法 : cd-tep法 : 協働によるebp効果モデルの構築 大島巌 ほか 共編著 日本評論社. プログラム評価の理論と方法―システマティックな対人サービス・政策評価の実践ガイド ピーター・H. 政策評価の目的:誰が、何のために? 10 目的= 形成的 (開発・改善) =目的 (成果把握) 総括的 方法=参加型 非参加型 (評価者による評価) 評価者による、 達成度 (成果)把握の ための評価 例:事務事業評価.

開発援助事業のプロセス評価 ~住民参加型のコミュニティ開発プロジェクトを事 例として~ 源 由理子 (ガバナンス研究科准教授) 1.はじめに 近年、開発援助分野においては、「成果重視のマネジメント(Results-. この「参加型」と「評価」という2つの潮流が 合わさり、参加型評価という流れが顕在化してく るのは1990年代の後半になってからである注5)。 参加型評価については、開発援助における参加型 評価の各ドナーの定義を比較し、①受益住民を含. 【最安値 2,970円(税込)】(10/31時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:サンカガタ ヒョウカ カイゼン ト ヘンカク ノ タメノ ヒョウカ ノ ジッセン|著者名:源由理子|著者名カナ:ミナモト,ユリコ|発行者:晃洋書房|発行者カナ:コウヨウシヨ. 源 由理子みなもとゆりこ 明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授 明治大学プログラム評価研究所代表 専門は、評価論、社会開発論。改善・変革のための評価の活 用をテーマとし、政策・事業の評価手法、評価制度構築、参. 」源由理子編著( )『参加型評価〜改善と改革のための評価の実践』晃洋書房、がある。 出版社アルパカさんサイトのWEBマガジンに載った田中の投稿「 『社会的インパクト』時代の新しい『評価』の手法〜参加型評価のすすめ 」はこちら. 参加型評価はプログラムの関係者が協働で評価を行うアプローチである。本書は、多様な.

11月23日 参加型評価セミナー:質的調査・データ収集編。プロジェクトの評価や計画立案には、現場から先入観なく「事実」をデータ収集する、調査」が必須です。. | 源由理子の商品、最新情報が満載!. 95)のことを指す。具体的 な形態としては、利害関係者評価、協働型評価、実用重視評価. Rossi (原著), Howard E. 改善と改革のための評価の実践』晃洋書房、 がある。 (7)受講料:&92;5,000-(税込み) (8)申し込み・問い合わせ ・主催:一般社団法人参加型評価センター ・こくちーず、でお申し込みください。. 参加型評価 - 改善と変革のための評価の実践 - 源由理子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. ロッシ (著), ハワード・E. はじめに 近年、我が国においては、「サービス(便 益)を 受ける側の人々」の眼から政策や公 益事業を評価する参加型評価の必要性が広 く認識されてきている。古川()に よ.

ゴルフバッグ タグ 名入れ 名前入り プレゼント ギフト アクリルクリア ゴルフネームタグ コンペ 参加賞 景品 ゴルフネームプレート お返し お礼 退職 記念品. 研究者「源 由理子」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. jica草の根技協評価スキーム検討委員や、(特活)日本npoセンター、(公財)京都市ユースサービス協会などで評価アドバイザーを務めた。 共著に「自分達で事業を改善できるようになった! リプセイ (著), Peter H.

Amazonで源 由理子, 源 由理子の参加型評価-改善と変革のための評価の実践-。アマゾンならポイント還元本が多数。源 由理子, 源 由理子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. sdgs対応をどう評価するか(千葉直紀) / オルタナは環境とcsrにフォーカスした日本唯一のビジネス情報誌です。環境ビジネス、企業の社会的責任、社会企業家、オーガニック、フェアトレードなどを推進するとともに、ビジネスの可能性を探ります. Pontaポイント使えます! | 参加型評価 | 源由理子 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 当事者たち (ステイ クホルダー)による、 改善の.

」源由理子編著()『参加型評価〜改善と改革のための評価の実践』晃洋書房、がある。 執筆論文に「参加型モニタリング・評価手法MSC(Most Significant Change)-バングラデシュNGOでの実践から4つの特色を考察する」()『日本評価研究』第14巻第2号、日本. ステークホールダーと協働で評価を行う (協働型プログラム評価) 協働関係者の参加による年1回の評価ワークショップ 市民協働マネージャー 参加型評価 - 源由理子 異なる経験と立場の協働者間の「対話」をとおして・・ 信頼関係を構築する 相互に学習し合う.

参加型評価 - 源由理子

email: nyzysad@gmail.com - phone:(463) 837-4762 x 9862

わんWANわん - めで鯛 - コンビニは火曜の朝変わる グループ

-> 発達障害の心理学 - 北洋輔
-> 銀魂 CALENDAR 2011

参加型評価 - 源由理子 - 協同教育研究会 長野県の理科


Sitemap 1

戦国無双Chronicle ガイドブック - ω-force - 香港クライシス